2012winterシーズンを終えて

2012年05月07日
どうも。夏油高原ディガーのはやですわーい(嬉しい顔)

ついに2012シーズンも終わりましたねもうやだ〜(悲しい顔)ゴールデンウィーク後半は、本当に天気が悪くせっかくの連休で遠方から来てくれた方々や、地元のローカルさん達には残念な思いをさせたと思います・・・そして今日は晴れてしまうという何とも言えない気分ですバッド(下向き矢印)

今シーズンを振り返ると今年は天候に恵まれず、晴天の少ないシーズンでした。
しかしおかげで積雪5メートルオーバーという、ここ最近では一番の雪の量を記録し、ハイシーズンは最高のパウダーを滑る事が出来ましたし、雪を集めれるのでサイズの良いキッカー、程良いパークレイアウトが出来たと思います。その変わり、毎日キッカー、ジブアイテム達の除雪除雪の日々でした。今思うと良い思い出ですが、あの時は毎朝ゲレンデに出るのが嫌になっていた気がします。

しかし、困っているときに整備を手伝ってくれた夏油高原スキー場施設管理、索道の方々、除雪隊、毎回の私達の無茶な要望に応えてくれてキッカーを作ってくれている社員のOさん、整備が遅れてパークオープンが遅れても、文句一つ言わず毎日遊びに来てくれるローカルの方々、そして夏油高原スキー場に携わっている大勢の皆さま。

毎年色々な人達に支えられ、助けられて私たち夏油高原ディーガー隊は、夏油高原スノーパークを作っていけるのだと思います。本当にありがとうございました。

それに今年は、各メーカーさんや、沢山のトップライダーさん達も色々なイベントをおこない、スキー場を盛り上げてもらったと思います。
私たちもパークを作る上でのやり甲斐になり、モチベーションを上げる事が出来ました。そして何より凄く楽しかったです。

そして今年は春のワンメイクの他に、ハイシーズンにスロープスタイルの大会もおこなえました。参加してくれた選手の方々、関係者の皆さまには本当に感謝しています。

こういった様々なイベント、スノーパークを今年だけではなく、今後も継続して更により良いものが出来るように頑張っていければなと私たちディガー隊はそう思っています。
それには、スキー場全体で意見を合わせて今後の進むべき方向性を定めていかなければなりません。誰が悪い何が悪いとはいいませんが、みんな夏油高原スキー場が大好きなのです。この山をもっともっと楽しく、大勢のお客さま達に来て頂けるようになるには色々考えて行動に移してもらえればと感じています。

しっかりと来てくれるお客様の事を考えていけるスキー場になってもらえればと思っています。

ブログを見て頂いてる皆さま、意見要望をスキー場に伝えて頂ければ幸いです。私たちも頑張っていきますので宜しくお願いします。


最後になりますが、本当に皆さま今シーズンはありがとうございました。沢山の笑顔をゲレンデで見れた事を嬉しく思います。来年もまた、更に沢山の笑顔をゲレンデで見られる事を楽しみにしています。
ウィンタースポーツはとても素晴らしいものです。来シーズンも良いシーズンにしたいですねわーい(嬉しい顔)

ありがとうございましたexclamation×2ではまた来年この夏油高原スキー場でおあいましょう手(チョキ)

2012-05-07 10.16.54.jpg



          夏油高原ディガー(はや、10C8、じゅん)


Bookmark:
posted by ディガー代表 at 12:30 | 岩手 ☁ | 営業日報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。